社会人はリラックスしたい

社会人はリラックスしたい

アラサーリーマンです。漫画の感想を主に、メンズファッション初心者向けの服レビュー、乗馬未経験者・初心者向けの記事を書いていきます。

【投資】リップルが暴落。ビットコイン、イーサリアムを含めて現状と今後について考えをまとめてみた

こんばんは。

日本ではあまりニュースになっていませんでしたが、 仮想通貨界隈で大きな動きがありました。

 

仮想通貨に関しては昔からなんとなく情報を集めていましたが、詳しくありません。今起こっていることを整理したいなと思います。

読むと分かるのですが、基本的には他人のふんどしで、、、という感じです。ある程度の信憑性はあるのではないかと思うのですが、一方でそれを判断できる知識も能力もありません。

参考程度にとどめていただければと思います。

 

 

結論

これまではBTC, ETH, XRPの3つに投資していましたが、BTC, ETHのみで行こうかな、と思います。この3つに投資していたのは単純に時価総額が大きかったからです。

 

ちなみに現在の時価総額ランキングはこちら。もともとトップ企業に投資したいという気持ちが大きいので悪くない選択です。

 

ちなみにツイッター界隈での有名人じっちゃまさんの意見はこちら。

だからといって投資すべきという話ではないですが、ちょっと安心。

 

 

 何が起こったの?

SEC(米証券取引委員会)がXRPリップル)を取り扱っているリップル社のCEOを訴えました

 

SECは証券業界の不正を取り締まるための組織で、過去にはエンロン粉飾決算を暴いた組織でもあります。友人と話しているとふーんって感じの反応が返ってきたのですが、SECに睨まれるというのは非常にヤバイもののようで、リップルは大暴落です。

 

f:id:herumo:20201230112835p:plain 

https://coin.z.com/jp/corp/information/xrp-market/

ヤバイもの「のようで」、と書いているのは全然知らなかった無知な自分への戒めとして正直に書きました。。。

リップルのニュースは比較的早めにキャッチしたと思うのですが、そのときは少し下げた程度でそんなに大ニュースだと思っておらず、考えるのが面倒だから後にしようと放置してしまったんですよね。そうしたところ、次の朝にはこんなことに。。。

 

こういう感じで悪いニュースが出たらASAPで逃げるというのは必要なことだと分かっていたことなのですが、全然駄目でしたね。

 

ちょっとあがったところは暴落後に反発するデッドキャットバウンスというものでしょうか。自分はそれが起こる前の大底で売りました。(笑)今はもっと下がっているので早めに売るという決断をできたところだけは褒めたいと思います。

 

 

なんで訴えられたのか? 

 今回の訴訟では、リップル社が独占的に発行を行なっている暗号資産XRPの証券性に関するものだ。暗号資産はデジタル資産としての性質上、証券に該当するか否かという論争が常に付いて回る。

 XRPの証券性がなぜ問題になるかというと、リップル社は2013年から7年にわたり、XRPを独占的に販売することで1300億円以上の売上を出していたことに起因する。仮にXRPが証券であると判断された場合、リップル社は届け出の済んでいない証券を不当に販売したことになるのだ。https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/blockchaincourse/1298009.html

リップルが株式のような証券なのか、通貨なのか、という点が争点になっているようです。

 

なぜ、証券であることが重大な意味を持つのか?これはSECの設立経緯を踏まえると凄くわかりやすかったのですが、要は証券だったら、おそろしいおそろしいSECに取り締まれるから、です。

 

これまでは証券(株式とか)じゃないよー通貨だよーお金だよーっていってSECの管轄外のふりをしていたのですが、いや、SEC「お前は証券だからね?(ぴきぴき)」ってなっちゃったんですね。

証券かそうでないかによって、リップルの本質的なありよう(オープンソースで作られた技術)が大きく変わるとかではなく、SECに睨まれたということそれ自体が大きな大きな問題なのです。

 

結局リップルの本質的な部分まで変容しそうではありますが。 

 

 

リップルの証券性について

 解釈として正しいかはわかりませんが、ここらへんが自分の理解とも近いし、わかりやすいなと思いました。

 

 あと、特定の取引所にインセンティブを与えていたという部分もあれですよね。

  

 

リップルの今後について

答えを持っている人はいないんでしょうけど、自分は悲観的だったので逃げました。ただし、ポジションを全降りしていない人も割といるようです。

 

 

ビットコインイーサリアムの証券性は?

金融資産の証券性を取り締まっているSECとしては、ビットコインイーサリアムのみを現時点では証券ではない暗号資産として正式に認定している。

 https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/blockchaincourse/1298009.html

ビットコインイーサリアムも?)は金と同じくコモディティ扱いで、証券性という観点でのリスクは他の仮想通貨よりは低そうです。

 

解説してくれているツイートがこちら。

 

こちらはイーサリアムについて。

 

CMEというのはシカゴにある取引所のことです。アメリカの歴史もあり、規模も世界一のところがこれらをコモディティとして認めているということなのでしょう。

 

仮想通貨が「謎の新興技術・通貨」から「世界で取り扱いをされる商品」になるにはある種の定義、秩序が必要であることは理解できるところです。このような巨大な存在の後ろ盾?追証?を得ているということは非常に大きな意味を持っていると思います。

 

これが冒頭に述べた通貨に引き続き投資しようと考えた理由でもあります。ただし、ほんのちょっとですが。

 

 

ビットコインイーサリアムの違い 

f:id:herumo:20201230131724p:plain

https://kasobu.com/ethereum-related-brands/

 ビットコインイーサリアムはどっちも同じく安全!かと言えば、それはもちろん違うと思います。今は似たような値動きをしているのですが、 これは取引している人がどちらも一緒くたにして仮想通貨枠で扱っているからに過ぎません。両者は本質的に別物です。

 

ただ、別物と言い切っている割にはうまく説明できませんでした。イーサリアムは電力取引などに応用されようとしている一方、ビットコインは単純な通貨としての役割を期待されている、あたりが考えの取っ掛かりではあるのですが、じゃあ何が違うの?と言われると上限の有無が違いますよ、、、みたいな曖昧な回答しかできません。

誰か教えて下さい。

ビットコインとイーサリアムの違いとは?初心者でもわかる主要仮想通貨の比較 | 仮想通貨コラム | 仮想通貨の比較・ランキングならHEDGE GUIDE

 

ただ、機能や期待、展望の違いから、ビットコインイーサリアムの相関は今後ずれる可能性は大いにあると思います。そこらには注意が必要ですね。

引き続き情報収集しないとなと思います。

 

 

他のアルトコインの今後は?

イーサリアムはその昔証券扱いだったという経緯もあり、リップルもSECとの和解を経て証券扱いから正式に外れたら(あるいは証券化したら)爆上げしそうですね。ただし、そんなやばいアルトコインは使わないという流れも当然ありうるので、やはりリップルに投資するリスクは非常に高いように見えます。

 

それでは他のアルトコインはどうでしょうか。

 

仮想通貨の証券性のランクというものがあります。取引所がつけている感じなのでどこまで信用できるか?とは思いますが。

これを見るとケースバイケースではありますが、リスクが高いのはリップルだけではなさそうです。

ただでさえ仮想通貨界隈はボラティリティの大きい投資対象なので、不安要素があるものはできる限り避けたほうが無難かなと思います。

 

このように考える人が多ければBTCにもっと資産が流れそうでもあり、アルトコイン淘汰の時代の始まりなのかもしれないと感じます。

 

 

 BTCに投資したいけど、怖いという人は?

色々調べてもやはりBTCに対するうさんくささが消えません。やはり日常生活で見聞きしないものを信じるのは難しいです。

 

一方で、SECが乗り出してくるくらい大きな存在感をもっているのが仮想通貨であり、一過性のトレンドで終るともなんとなく思えません。仮想通貨には投資しておきたいと思う人は多いと思います。

 

そういう方は会社のサービスとして暗号資産を扱うSQやPYPLの調べるのがいいのかなと思います。あとはマイニング関連の株でしょうか。

イーサリアム関連銘柄ってなんなんでしょうね?電力株とかブロックチェーン関連とか?

 

さて、引用ばかりの記事ですが、長くなってきて疲れたので終わりたいと思います。

調べるだけならぱーっと読めばいいのですが、記事にすると意外と大変です。継続的に発信している人はすごいですね。

 

念の為いっておくと、投資は自己責任で!