社会人はリラックスしたい

社会人はリラックスしたい

アラサーリーマンです。漫画の感想を主に、メンズファッション初心者向けの服レビュー、乗馬未経験者・初心者向けの記事を書いていきます。

【ネタバレあり】アニメ「衛宮さんちの今日のごはん」感想 ゆったりとした平和な日常系Fate

こんばんは、へるもです。

dアニメストアで「衛宮さんちの今日のごはん」を見ましたのでその感想です。

 

やはり調理勉強アニメだ

 

漫画と同じく調理シーンに力が入れられています。(笑)「フライパンを熱して油を少々、中火でにんじんをいため・・・」3分クッキングのようです。いまどき料理漫画でもこんなに丁寧に描写していないでしょう。

声優さんも「こんなに料理の解説したのははじめてだわ~」とか「本当に料理がおいしそうよね?」「分かる~」とかいってそう。

 

 

料理の描写が絶妙な匙加減になっている

おやっと思ったのは7話です。

凛と桜が食材を切るシーンがあるのですが、料理上手な凛はトットトットッとリズミカルに切るのに対して、初心者な桜は少しゆっくりです。そのペースと効果音がわざとらしく遅すぎもせず早すぎもせず、それっぽい。

原作漫画の表現も秀逸でしたが、そこはアニメでも変わらないようです。細部にもこだわりを感じるところがよいですね。そういえば、ジップロックみたいな袋もチャック部分が二色になっていたりもしました(笑)

 正直アニメ関係者は自炊なんてしないから雑になるんじゃないかと勝手に思っていたのですが、色と音がついても表現に違和感がないのは凄い。

 

ツイッターを見ていると料理にエネルギーを割いていることが分かります。料理作画監督補佐なんて役職があるのか。(笑)

 

 

リラックススタイルな表現

f:id:herumo:20181110230127p:plain

アニメ「衛宮さんちの今日のごはん」 第八話より ©TAa・KADOKAWATYPE-MOON / 「衛宮さんちの今日のごはん」製作委員会

 

芋を煮る魔術師。いーひっひっひ、いい~ひっひっひ。(元ネタふるい)

 

料理にエネルギーを割きすぎた反動か、顔文字みたいな顔をしていることが多かったです(笑)

が、違和感は全くありませんでした。流れる空気は全体的にゆったりしていますし、色合いもパステル調ですし、全てがゆるめにまとめられているからでしょう。15分弱という作品の長さも相まって肩肘張らずに非常にリラックスしながら見れました

日常系といわれる作品はあまり見ないのですが、こういうのもたまには良いなぁ。疲れた社会人にはぴったりな作品です。

 

全てが料理を中心に話がまとめられてはいますが、本編では敵味方に分かれているキャラクターたちが色々ありつつも結局仲よさそうにしているのはファンにとってはご褒美なのではないでしょうか。急にランサーがきて料理をたかって酒をのんでというようなノリが楽しそうだ。

緩い雰囲気や距離感はあるけど仲良さげな感じは、学生時代を思い出します。放課後の教室でいつもは喋らない面子で話してみると面白かったとか、試験後の休みにうだうだと過ごすとか、そこに流れる空気感と同じものを感じます。

日常のなかのちょっとした非日常を体力的に無理のない感じで楽しむ感じですかね。会社と自宅の往復になってしまった今ではなくなってしまったな~

 

メリもハリもありますよ

もちろん全部が全部低カロリー作画ではなかったです。特に表情とか動きについては細かい振り付けがなされていたように感じます。こういうちょっとした工夫って目立つんですね~キャラクターがどういう気持ちでいるのかがダイレクトに伝わってきます。

それに服装とか髪型がちょいちょい変わるのもよいですね。そういうの好きです。もっとくれ。

 

あとランサーやアーチャーの腕と肩周りの筋肉とかにもこだわりを感じました(笑) 女性キャラはかわいく、男性キャラはかっこよく、というのが特に意識的に描かれていたような気がします。こういう「目で楽しむ」感じというのは料理と共通するところがありますね。

 

f:id:herumo:20181110221031p:plain

アニメ「衛宮さんちの今日のごはん」 第八話より ©TAa・KADOKAWATYPE-MOON / 「衛宮さんちの今日のごはん」製作委員会

 

 

dアニメストアでは現在11話まで視聴可能です。

そういえば11話ではシロウの顔が出ませんでしたね。アーチャーの顔が出ればシロウはずっと後ろ向き。どういう意図があるのでしょうか。 

 

ゆるい時間を楽しみたい人にはおすすめできる。そんな作品でした。 

 


衛宮さんちの今日のごはん (1) (角川コミックス・エース)
 


衛宮さんちの今日のごはん 1(完全生産限定版) [DVD]

 

 

 漫画版の感想はこちらです。

 

herumo.hatenablog.com

 

 

 そのほかにも興味があれば是非ご覧ください!

herumo.hatenablog.com

 

 

herumo.hatenablog.com